魔女通信

majoneko.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 15日

神の花 雷神



数十年に一度しか咲かないと云う雷神の花。別名「神の花」とも呼ばれる。
その花を見たものは幸せになると言われ、開花の時に願い事を言えばそれは必ず叶えら
れると言い伝えられているそうです。
園芸家たちもその実態がよく分かっていないとのこと。
そんな幻の花を、お客様から「見に来ませんか?」と嬉しいお誘いをいただきました。
そもそも私は「雷神」なる植物すら知らなっかったのですが、その経緯をお聞きして、
それは是非とも見せていただきたいと、お言葉に甘えてノコノコと出かけて行きました。
その日は少し雨が降って駅まで迎えに来てくださったのですが、ご自宅までの5分ほどの
間に、急に風が起こり空は真っ暗、稲光が光り、雷鳴が響き、二人とも瞬く間に上から
下までずぶ濡れ状態。そんな状況に「雷神様のお出迎え!!」と、子供のようにキャッ
キャッと喜ぶいい年の大人二人。人が見たらきっと奇妙だったでしょう。

お部屋に通されて「彼です!」と示してくださった手の先に、想像以上に美しく佇む
雷神の花!。優美に神々しく力強く凛とした姿に思わず息を呑みました。
サボテン科の肉厚のロゼッタ状の葉の先から2メートル以上に伸びた茎には8個ほどの
花穂が付いて下の方から上に向かって、優しい黄色の花の開花が始まっています。
すっと伸びた茎に触ると、大木の枝のように硬くしっかりとして所々鋭く長い棘が付
いています。優雅なだけではなく気軽には近ずけさせない結界のようなものを感じま
した。 
ところで、必ず叶うという「お願い」は何だかしてはいけないような気がしてしませ
んでした。
b0114344_14280691.jpg
b0114344_14293144.jpg
b0114344_14305765.jpg






by gt-toyoko | 2017-09-15 14:31 | ハーブ・自然


     パッションフラワー >>