<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 22日

もうひとつの聖木

クリスマスの聖木といえば、すぐ思い浮かぶのはモミの木ではないでしょうか。
ヤドリギもまたクリスマスに飾られる木であります。
クリスマスのヤドリギの下では誰しもキスをすることが許されるとか。

ヨーロッパでは、魔除け、万病薬、火事避け、黄金のありかを教え、願い事をか
なえるなど、この木の霊力は近代まで言い伝えられ、信じられてきました。
というのも、その特異な生い立ちによると思われます。
ヤドリギは半寄生植物なので、土や水に直接ふれることなく宿主の木に宙に浮い
た形で生育し、しかも冬にも枯れないと云う不思議な生命力から、古代ヨーロッ
パ各地で特別な木として神聖視されてきたのです。

日本でも冬、葉の落ちた林を歩いていると、まるで鳥の巣のように木の枝叉に緑
葉のヤドリギを見ることがあります。
一昨年魔女祭りでドイツを訪れた時は、若葉が芽吹いたばかりの裸の木に大きな
ヤドリギの塊をいくつも見ることが出来ました。
歩いていても、ドライブの車窓からも、列車からも沢山のヤドリギを見るにつけ、
一種独特の様子は異国の文化ながら、崇拝の対象にした古人の心境を理解できた
気がしたものです。

ヤドリギの真珠のような実は、北欧神話では、光と善と木の神であるバルデルの
死を悼んだ悲しみの涙とされています。
ちょうど今ごろ実を付けるので、鳥にとっては冬の貴重な食料。
しかしながら人間には有毒だとか。         

私がヤドリギを初めて知ったのは、テキスタイルデザインの仕事をしていた頃、
アールヌーボの資料の中にこの植物を見つけた時です。
何とも不思議な形に目をみはりました。
図案化されたとばかりと思っていた流動的な葉も枝も、実際見るとそのままの植
物でした。それ以来神秘的で美しいこの植物に魅せられています。

b0114344_19472874.jpg


by gt-toyoko | 2007-12-22 19:49 | ハーブ・自然
2007年 12月 14日

ナツメ

先日お客様からナツメの実を頂きました。
ご実家の別荘で沢山採れるそうです。

3㎝ほどの赤い実はとてもきれいです。
かじるとサクッとした食感、リンゴに似た香りが爽やかです。

ナツメはクロウメモドキ科、名前の由来は夏に芽を出すことからと一説。
韓国のサンゲタンに入れる事で知られ、利尿、咳止め、精神安定、不眠症、
健胃、鎮静、強壮と薬効は幅広い。

こんなに身体に良いのだから、さて、何を作ろうか・・
色々考えながらも、クリスマス展の作品作りに追われる毎日、とりあえずお
日様の力を借り、干したあと保存することにして。

クリスマス展の作品搬入が済んだので、気になっていた半乾燥のナツメにと
りかかります。
種を取って、水少々と砂糖・ハチミツで煮ること約1時間。
食べてみると、おいしいけれど皮が硬くて気になる。
裏ごしして柔らかい部分だけを使ったらどうかしら・・

裏ごししたら硬い皮がなくなったのは良いけれど、今度は色が茶色っぽく、
きれいではないし、食べてみると何か物足りない。
では、りんごのコンポートを作り混ぜてみたら・・
なかなか良いではないですか!
ヨーグルトのトッピングにしたら、素敵なデザートとなりました。
ありがとうございました!
b0114344_15151550.jpgb0114344_17104495.jpg
b0114344_19532083.jpg


by gt-toyoko | 2007-12-14 15:16 | 料理・食
2007年 12月 05日

今日からです

金属や陶器、テキスタイルなどさまざまなジャンルで活躍中の作家17人
によるクリスマス展「37の贈り物展」がいよいよ今日から始まりました。

岡本太郎賞入選や、特別賞受賞の現代アートの作家さんにまじって私も及ば
ずながら出品しております。
17人もの個性豊かな作品がどのような空間を作るのか、いくらか不安でも
ありましたが、とても楽しい素晴らしい展示になっています。

今回はクリスマス展なので、私は魔女ではなく天使を作ってみました。
新ウェーブ、ゴスの天使など、変わり種のエンジェルもいます。
魔女も天使も同じ天空をかけるもの。自由に羽ばたく気持ちは同じ・・


展覧会場は「魔女たちの手仕事展」と同じ牙狼画廊です。
グリーンサムの店から4分足らずのところです。
今月24日まで展示してますので是非ご覧になってください。
アクセスはこちらへ↓↓
        www.garougarou.com
b0114344_18133035.jpg
b0114344_18195925.jpg
b0114344_18204343.jpg


by gt-toyoko | 2007-12-05 18:21 | 元町近辺情報
2007年 12月 05日

秋の贈り物

寒くなってきました。
道を歩くのも無意識に、つい日向を選んでいるのに気づきます。
木の葉もきれいに色づいて秋の深まりを感じます。

ご自宅の庭で集めて「秋」を素敵なパッケイジで届けてくれた友人がいます。
自然が作ったこんなきれいな色、いろいろ・・・。

深いワインレッドに葉脈だけが芥子色のしましま。これはミズキの葉。
夕日のように赤いカラスウリ。
放射状に球になった金茶の喜樹の実。
こっくり濃いワインレッドから真紅まで、ツタの落ち葉がつくる赤いグラデーション。
アラビアンナイトの剣形はユーカリの葉。こちらは渋いさび色。
そして、サクラやカキの落ち葉も混ざって赤い色を引き立てているのは、淡い黄緑色のホップ。軽やかにツルをのばして・・

彼女の感性と優しさがいっぱいつまった秋の贈り物。

b0114344_13595729.jpg
b0114344_1402524.jpg


by gt-toyoko | 2007-12-05 13:57 | 友人