<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 24日

西の魔女が死んだ

映画「西の魔女が死んだ」を見ました。
14年前に本を読んで、いい話だと思いまた、著者梨木香歩がえがく
魔女のほんとうのあり方にも共感したものです。
書籍は新潮文庫以前、楡出版から出版されたのが始めてで、当時当店
でも販売したことがあります。
長新太先生の装幀で、あたたかい優しい感じの表紙でした。

映画は原作をほぼ完璧に伝えていると思います。
多くの物語は映画化されると原作とのギャップに戸惑うことが多いので、
私は本と映画は別ものとして考えることにしていますが、この映画は充
分に見事に原作の雰囲気が出ていると思います。

ただ一カ所、「まい」のお母さんが乗っている車は原作ではミニ(ミ
ニクーパー)なのに、映画では違っていた点が残念です。
というのも、ミニクーパーは英国の車。
「まい」のおばあちゃんは英国人だし、日本人との混血のお母さんは
いろいろな意味で国籍という問題を抱えてたはず。
ここはやはり、車は原作通り英国車ミニでなければならないはず。

私的なことではありますが、この本に出逢った頃私はミニに乗ってい
たのです。
ー地面を身体で測りながあら這うように異動する車ーと表現した著者
の見事さ。まさにミニクーパーはそんな車なのです。
乗りにくく扱いにくい車ミニは「扱いにくい子」とお母さんに評され
た「まい」と似ています。

映画を見る前に再読した「西の魔女〜」やっぱりいい物語です。
ちなみに私はミニクーパーが大好きでした。
b0114344_15595599.jpg


by gt-toyoko | 2008-06-24 16:00 | 魔女のこと
2008年 06月 24日

テレビ取材

先日テレビ取材を受けました。
TVKの「横浜BOOK MARK TV]という番組の元町特集で
当店も協力させていただきました。
ひさびさのテレビ取材でとても緊張しました。

興味のある方は
7月6日(日)・7月13日(日)23:30〜24:00
2回に分けて元町特集(当店放映は7月13日)


       

by gt-toyoko | 2008-06-24 15:45 | インフォメーション
2008年 06月 18日

魔女の祭りー夏至

6月21日は太陽の力が最も強く、昼が一番長い日。
夏至です。
魔女たちは、命を育む夏の女神の日として祝います。

また、この日は植物のエネルギーとパワーも最大になり、薬草
の治癒力も最高になるといわれ薬草採りには重要な日。
特にシダ、ヨモギ 、オトギリソウ、キンセンカは夏至の聖な
る植物で、そのなかに太陽と闇を呪縛することができると言い
伝えられます。

シェクスピアの「真夏の夜の夢」は、森の中で妖精たちと人間
がひろげる夏至の夜の不思議な物語です。
森に不思議なエネルギーが満ちあふれるこの日ならではのお話。

夏至はまた、おまじないにも適しているとされ、色々なまじな
いがおこなわれます。

★夏至のおまじない

*キャンドルに火を灯し、水を張ったボウルにバラの花びらを
 浮かべます。
 夏至の火は太陽の地球に対する力を象徴し、闇と病から癒さ
 れる。バラは、愛と美の夏の女王のシンボル。

*古木に触ったり、自分の守護木を身につけます。
 植物の力とエネルギーが最大になるこの日は、難を逃れ自分
 を守護してくれる。この日は植物マジックのパワーも最大。
 
ちなみに私の守護木はトネリコの木。
古代アイルランド人は非常に不思議な力を持つ木として大切に
していたとか。

写真は夏至の植物オトギリソウ、シダ、ヨモギ、キンセンカの
ブーケと、水にバラの花びら、キャンドル。
夏至の重要魔女アイテムです。
b0114344_1734350.jpg

b0114344_1741946.jpg


by gt-toyoko | 2008-06-18 17:05 | 魔女のこと
2008年 06月 05日

出来事の距離

昨日のトップニュースは「車立てこもり男がピストル自殺・・」でした。
実はその時私は、あの事件が起きた川越にいたのです。
しかもわりと近くに。
仕事が済み、帰りのタクシーで「さっき、事件の男がピストルで頭撃っ
て死んだ」と聞かされました。
事件の詳しい状況は分からないまま、なにも死ななくても・・。と、な
にかやりきれない気持ちでした。

朝、出がけのニュースでこの事件は何となく聞いたのですが、自分がそ
の近くに出かけるという意識は全くなかったのです。
そして夜、ニュースはこの事件にかなりの時間をさいてました。
犯人は以前にもピストル誘拐事件を起こしていた、この事件でも発砲し
た云々。

それを聞きながら私は、昼過ぎすぐそばで起きたタクシーの運転手さん
から聞いた「自殺」という結末で終わった同じ事件の受け止め方の違い
を感じました。
つまり、昼間聞いた事件は身近におきた出来事で、犯人に対しても何ら
かの感情がわいたのに対し、夜自宅でテレビから流れてくるこの事件は
日常的に聞くニュース、でも私からは遠い出来事として。
当然犯人に対しても昼間のような感情もわきません。

それは四川の大地震の被害、アフリカや中東、さまざまな地域で起きて
いる内戦の悲惨さ・・全てに対して同じだと。
距離の遠さは感情の遠さでもあるのだけれど、私たちはそれを想像力で
埋めていかなければならないのでは。
身近な自分の事件として。
でも、実際それはなかなか難しいことです。
が、いろいろ起こる事柄を距離を縮めてもう少し身近に意識することか
ら始めていかなければ何も変わらない。

by gt-toyoko | 2008-06-05 11:01 | 最近あったこと
2008年 06月 03日

6月限定ウエディング魔女

はたして魔女も結婚するのでしょうか?
テレビでおなじみ「奥様は魔女」のサマンサのお相手は人の良いダーリン。
またセレブなところでは「白雪姫」や「11羽の白鳥」に登場する魔女は、
王様と結婚し王妃の座を。(彼女たちは意地悪でしたが)
そして人知れず平凡な生活をしているけれど実は魔女・・なんていうのも
案外身近にいたりして・・。
「魔女の宅急便」のキキのお母さんみたいに。

さて、当店では6月のみ制作する「ウエディングウィッチ」があります。
今日から6月、今年も真心込めて作りました。
「6月の花嫁は幸せになる」と言われますが、ウエディングドレスを着た当
店魔女はとても嬉しそうですよ。
ご覧になって下さい。

b0114344_18515189.jpg


by gt-toyoko | 2008-06-03 18:53 | 魔女のこと
2008年 06月 01日

家出むすめ

毎朝、私が店に来るとドアで待っていたり、途中まで迎えに来て「ニャ〜」など
いって店までついてくる。
朝食をもらうと次はホウキのブラッシングをせがむ・・。そんな黒い雌猫チビが
突然姿を見せなくなった。

野良猫は生きるために必ず、エサをもらう家を何軒か掛け持つと聞いていたので、
その内また姿を見せると思っていた。が、全く見かけない。
店のまわりは交通量もあるので、まさか交通事故かと心配になり、ご近所に聞い
ても知らないという。

いや、いち度だけ、チビを見かけたことがあった。
むかえのブティック「マーレー」さん脇にいたので、「チビ!」と呼ぶと、振り
返り私をじっと見つめ、私と認めると何とも複雑なバツの悪そな顔をしたあと、
きびすを返すと細く暗い建物のすき間にするりと姿をかくし、それっきり。
ネコもあんな表情をするのかと少し可笑しかったのと、元気そうなので安心した。

それから1ヶ月後、私が入院するなんて私自身含めて誰も想像しなかった。
復帰してしばらく、朝の掃除は夫に頼んでいたが「今日チビが来たよ」と夫が云
うではないか。「あ〜、無事だったのだ〜。良かった!」
それ以降は毎日というわけではないけれど、やってくるようになった。
私と会うと、あのとき見せたバツの悪そうな顔はなく、でも何となくおずおずと
食事して何処かにいなくなる。
家出むすめが戻ってきたのだもの、優しくしたいのに。

でも、と私は思う。
もしかして、チビは私の病気を予知していたかもしれないと。


b0114344_16433564.jpg
b0114344_1644451.jpg


by gt-toyoko | 2008-06-01 16:44 | 最近あったこと