魔女通信

majoneko.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 27日

この木どうなる気になる木

以前から気になっている事があります。
それは毎朝通る元町汐汲み坂にあるイチョウの大木です。
イチョウの木は季節により表情がそれぞれ異なり、春夏秋冬
を肌身に感じさせてくれるので大好きです。
今年も、そろそろ色付き始めた銀杏がすずなりです。

気になる事というのは、そのイチョウの二股に分かれた幹の
間にたくさんのイチョウの若木が生えてきている事です。
つまり、親木の幹に落ちた銀杏が芽を出して寄生木のように
成長しているという状態です。

親木のすねをかじってどこまで生き延びるのか、それとも親
に見捨てられてその内枯れ果ててしまうのか、今後どうなっ
ていくのか、心配というかおおいに興味があるところです。
是非今後を見守っていきたいと思います。
b0114344_181411.jpg
b0114344_182061.jpg


by gt-toyoko | 2009-09-27 18:02 | ハーブ・自然
2009年 09月 11日

クレオパトラの香り

先日「海のエジプト展」に行ってきました。
海底から掘り起こされた古代エジプトの逸品はそれぞれに
素晴らしいものでした。
特に貴人たちが身につけた装身具や生活用具は、時空を超
えて心に響くものがあります。
展示されている遺品を造った職人たちの手のぬくもり、指
の跡を見るにつけ、作り手とそれを使用した人たちに思い
を馳せると胸が熱くなる思いでした。

実は、この展覧会の一番の目的は「クレオパトラの香り」
でした。
絶世の美女といわれたクレオパトラは、香りを巧みに使い
こなした王女でした。
カエサルやアントニウスは彼女の美貌と才能だけでなく、
魅惑的でセクシーな香りの演出に魅了されたのです。

その香りは古代エジプトの貴人が珍重した「キフィ」。
ワインをベースに、乳香や没薬、サフラン、干しぶどう、
はちみつなどを調合したもので、古文書に残された処方
を再現したものが今回展示されて体感できるのです。

再現した香りは、可能な限り史実に従ってつくられ、今
回初めてよみがえらせることに成功したニオイスミレの
精油、熟成させたアヤメ根の精油「イリス」、ローズ・
アルバの精油などの調合とか。

穴のあいた透明ボックスに鼻を近づけると、何とも不思
議、冷静な心を惑わす熱いような甘いような魅惑的な香
りでした。
「なるほど、これなのか」と妙に納得してしまいました。

蛇足ですが、私が作っている「ホレ魔女」に付けている
ホレ薬の香りととても似ていました。
調合は違うのですが、媚薬の香りは似ているのでしょうか。
b0114344_1895963.jpg


by gt-toyoko | 2009-09-11 18:10 | 最近あったこと
2009年 09月 07日

ピクルス

いま、夏野菜が豊富でスーパーにいくと色とりどりの野菜に
ウキウキします。そして茸もいっぱい!
こうなるとピクルス作りをしなければ。
という訳で茸と野菜のピクルスを作りました。
作り方は簡単。
作っておくと便利です。
そのまま食べてももちろん美味しいし、細かく刻んでタル
タルソースやバターソースに混ぜたり、ソテーした肉や魚
介類にのせても美味しいです。
食欲がない時もさっぱり美味しく頂けます。

ピクルスの作り方:

まずピクルス液を作ります。
(これは基本形なのでつけ込む素材により調節)
A:水400cc 酢400cc 塩40g 砂糖80g
B:ハーブ:ディル/タイム/ローリエ/シナモン/クローブ
     ウィンターセボリー/タラゴンなどあるもの
好みで唐辛子、ニンニク
材料Aを鍋に入れて火を付け、材料Aがなじんだところに
材料Bを入れて沸騰手前で火を消し止てさます。

1:野菜類
 キュウリ、カリフラワー、ニンジン、オクラ、レンコン、
 その他湯通ししてグニャグニャにならない程度に堅さのあ
 る野菜ならなんでも。

上記材料を水でよく洗っておく。
鍋に湯を沸かし塩ひとつまみ入れ沸騰したら、水洗いした素
材を鍋に入れて1、2分たったら取り出しさまし、キッチン
ペーパーで水気を拭き取る。

保存する清潔な容器に材料を入れ、さましたピクルス液を注
ぎ入れ、ふたをして冷蔵庫で3〜6日で食べられます。

2:キノコ類
 エリンギ、シイタケ、マイタケ、マッシュルームなど

キノコ類は水洗いせず、石ずき切り汚れはフキンなどで取って
ざるに広げておく。
鍋に湯を沸かし塩ひとつまみ入れ、沸騰させる。
ざるに広げたキノコは流しにおいて、沸騰させた湯をキノコに
かけてさます。
さめたらキノコはひとつずつふかずに、キッチンペーパーを並
べたキノコにかぶせてそっと押さえるようにしたして水気を取
る。

保存する清潔な容器に材料を入れ、さましたピクルス液を注
ぎ入れ、ふたをして冷蔵庫で2〜4日で食べられます。
b0114344_1504888.jpg
[
b0114344_155214.jpg


by gt-toyoko | 2009-09-07 15:02 | 料理・食