<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 04日

魔女祭り ヴェルティーン=ヴァルプルギスの夜

遅かった今年の桜も、春一番が過ぎた今日、一斉に蕾みを開き一気に春が訪れま
した。
魔女のふる里ブロッケン山の麓でも、もうじき春迎えの祭り「ヴァルプルギスの
夜」が行われ、魔女たちは森の中に集まり祝います。
4月30日、魔女の世界では太陽神が若い牡鹿の姿になって帰還するといわれ、
西欧では古くから「ヴァルプルギスの夜」として知られます。
ドイツ文学の巨匠ゲーテによる「ファウスト」にも魔女祭りヴァルプルギスの夜
が登場します。

ヴェルティーンが祝われるヴァルプルギスの夜は、4月30日の日没から夜明け
まで続き、一番鶏の鳴き声で終わるとされます。
その日、緑の森の精霊は森を抜け出し、この世とあの世、あるいは人間界と妖精
界との帳が最も薄くなり、あらゆる不思議が起こると言われ、特に人間は魔よけ
のハーブを身に付けずに森に入ることは大変危険とされます。
また、ベルティーンの祭りは、緑の森の精霊と交流する日であり、約束や誓約を
する時でもあるそうです。

春迎えの祭りでもある「ヴァルプルギスの夜」は魔女が春を連れてくるとされ、
ドイツのブロッケン山麓の村々では今でも、小さな祭りから大規模な祭りまで、
色々なかたちで祭りが行われます。
私も数年前、ゲーテの「ファウスト」の舞台となったシールケの祭りに参加し
したことがあります。
もちろん、スーツケースの中にホウキ、魔女の帽子と服をしのばせて。
世界中から飛んで来た魔女たちと楽しい一夜を過ごしました。
b0114344_19212331.jpg

b0114344_1922781.jpg


by gt-toyoko | 2012-04-04 18:39 | 魔女のこと