魔女通信

majoneko.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 30日

音語り

映画監督小津安二郎の生誕110年を記念して8月13日から10月29日まで六回に
わたって、映画作品の音語りが横浜そごうシーガルシアターで開催されています。
映画作品を音楽と語りで表現するとは、いかなるものなのか興味があって先日行
ってきました。
30度を超える真夏日にもかかわらず、会場は満席です。
舞台の上にはピアノが一台、マイクと椅子がひとつ。
やがて、スポットライトの中ジャズピアニストの松本峰明さんが登場し、静かに
「夏の思い出」を演奏。その後朗読の中井貴恵さんが濃紺の絽のきものも姿で登場
です。舞台は凛とした、しかし柔らかな空気に包まれます。
女優というものは、そこにいることによって空気を変えるものなのでしょう。
幼なかった頃、小津監督に可愛がられた思い出トークなど小津監督の人となりが伝
わる楽しい話のあと、いよいよ映画作品「おはよう」の朗読です。
映画は視覚的に感じるところが多いけれど、朗読という聴覚を通して伝えるの大変
なことと思われます。
経済成長期の戦後日本の何軒かの家族たちの物語「おはよう」。
状況背景を語りで、それぞれの家族の男、女、子ども、老人、すべてを声と話し方
で演じ分ける。性格から表情まで想像させてしまうところはさすがです。

9月17日 「秋日和」・10月29日 「秋刀魚の味」が開催です。
興味のある方はいらしてみてください。

実は、中井貴恵さんはグリーンサムで魔女人形をたくさんお求めいただいている
お客さまです。
店にいらっしゃる時の気さくな感じとはまた違った中井貴恵さんに、プロのかっ
こ良さを感じました。
b0114344_18574969.jpg


by gt-toyoko | 2013-08-30 18:53 | 最近あったこと
2013年 08月 05日

メタセコイア

蝉の木?
自宅から店までいろいろな道を歩いて通いますが、木々が多い道を通るのが好きです。
今朝は少し遠まわりして山手のイタリヤ山庭園内を抜けることにしました。
ここは、ブラフ18番館で石川町駅から一番近い山手西洋館のひとつです。
山手側からの門を入ると、メタセコイアの高い円錐形の並木が直立し緑陰が涼しげです。
じっさい、この並木道はどんなに暑い日でも冷風が通り、明るい緑色の葉とともに、つかの間暑さを忘れさせて
くれます。
メタセコイアは杉科の落葉高木で羽のような形状の葉は、針葉樹のトゲトゲした印象はなく、柔らかくやさしく
垂れ下がっています。
そんな枝のほとつに、茶色で球形の実のようなものが幾つも成っているのを発見。
近くによってよく見ると、木の実に見えた丸っこいものはなんと蝉の脱け殻でした。
それにしても、一つの枝にこんなにもたくさんの脱け殻が集まるという事はよほどこの枝は蝉の羽化に適した
条件を備えているのでしょうか。
木の根元に目をやると、まるで棒で地面をさしたかのような穴が、あちこちに開いて蝉の幼虫が地中から這い
出た様子がうかがえます。
蝉は地中で幼虫として7年間過ごし、地上で羽化し成虫となって子孫を残した後は5〜7日で死ぬと言われます。
夜中幼虫は地上に出て羽化する場所を10〜20分かけて決めるそうです。
ここぞと思った場所は、どの蝉にとっても同じだったということなのでしょうか?
蝉時雨を日傘で受け止めながら、今日も暑い一日が始まります。
b0114344_1195042.jpg

b0114344_11101752.jpg


by gt-toyoko | 2013-08-05 15:47 | ハーブ・自然