魔女通信

majoneko.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 27日

秋の贈り物

サクサクと落ち葉を踏みしめて秋色に枯れていく風景を見ていると時の早さを
感じます。今年も残り少なくなりました。
毎年この時期になると、友人が自宅の庭から秋の贈り物を持ってきてくれます。
今年は枯れ始めた緑のグラデーションの葉に赤く実ったカラスウリ。
たくさんの実をつけたツル枝を届けてくれました。くるくる巻いた可愛らしい
小さなツルがユーモラスなアクセントになっています。
彼女は植物学者でエッセイスト。エレガントなゆっくりした物言いで自宅の庭の
様子や、やってくる小鳥たちの話をしてくれます。
カラスウリの実は、皮をむいてタネを取り出しネトネトした果肉を取って洗うと
黒いツヤツヤの7ミリ位の種が出てきます。
よく見ると「打出の小槌」の姿形に似ているのです。
それを教えてくれたのも彼女だった気がします。
食用になるわけでもなしカラスくらいしか食べないので(カラスが実際食べてい
るのを見たことない)こんな名前がついたのでしょうが、種が何か良いものを運
んでくれそうで嬉しいではありませんか。
それに魅力は秋という季節が染める紅い実です。
夏の太陽をたっぷり浴びて育った実は、まるで秋風と約束でもしているかのよう
に夕焼け色に色を変えていきます。律儀に毎年。

先日、よく行く花屋さんにカラスウリが色ずく前の緑色の瓜坊が付いたツルを
見つけました。
サイズはカラスウリの三分の一くらいの大きさで、聞くと名前はスズメウリ。
なるほど、カラスとスズメ。
b0114344_15271332.jpg

b0114344_152858100.jpg

                     打ち出の小槌に見えませんか?
b0114344_15301598.jpg

                     スズメウリとカラスウリ

by gt-toyoko | 2014-11-27 18:44 | ハーブ・自然
2014年 11月 27日

元町ハロウィン

秋風が立つといよいよハロウィンの季節です。
今年の渋谷駅周辺は警察出動という大騒動になって日本のハロウィンもここ2、3年は
少々過熱気味です。
元々ハロウィンは魔女の暦ではサーオインという正月に当たる祭りの日で、この日は
先祖が家に戻ってくるので火を炊いて霊を迎えます。
また先祖の霊を慰めるためソーイングケーキも焼かれます。
時代が進んでこの祭りはキリスト教に取り入れられ、キリスト教の聖人の日と姿を変
え、それがさらにアメリカに渡って今のような陽気なお祭りになったのです。
また、本来歌いながら霊を慰めるはずのソーイングケーキは、いつの間にか子供たち
のものと化したのでした。

毎年元町の小さな魔女やお化けたちもこの日は、パンプキンのバケツや袋を持って店々
をまわり、商店街でもお菓子を用意してまっています。
今年もまた、子供たちだけではなく仮装したお母さんたちもペットのワンちゃん達も、
それはそれは大勢集まりました。
私たちも魔女の姿でお出迎え。
今年からグリーンサムがある仲通りも夕方は通行止めになって、子供たちが安心して歩
けるようになりました。
b0114344_1536071.jpg

b0114344_1655673.jpg

b0114344_16571181.jpg


by gt-toyoko | 2014-11-27 17:18 | 魔女のこと