魔女通信

majoneko.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 11月 11日

元町産限定無農薬レモン

秋も深まってコートが嬉しい季節になりました。
ついこの間まで青かった柿や木の実が色づいて秋の深まり
を感じます。

当店の丁度向かいにあるブッティック「マーレー」さん。
両脇にレモンの鉢が一対あります。
夏には薄ピンクの花が良い香りを漂わせます。
毎朝葉を一枚一枚丁寧に拭いてオーナーは手入れを欠かし
ません。
「こんなに花を咲かせても、実を結ぶのは数個なの・・」
そう仰るオーナー。

先日、やっと実ったレモンを2個、ピカピカ輝くきれいな
緑色の葉と一緒に持ってきてくださいました。
宝物のようなレモンです。

さっそくマリネを作りました。
香りがいいこと!
無農薬なので皮まで食べられて、その皮もおいしい!!

さりげなく品の良いマーレーさんの服はファンが多く、
オーナーの服を選ぶセンスの良さと人柄が人を惹きつける
のだと思います。

b0114344_18331683.jpg
b0114344_18335113.jpg
b0114344_18342110.jpg


# by gt-toyoko | 2007-11-11 18:35 | 元町近辺情報
2007年 11月 01日

ハロウィン

ハイ、10月31日はハロウィンです。
ここ元町でも数年前から始まってますが、年々参加する子供たち(若干大人も)
その数はます一方。

いや〜、昨日もすごかったですよ。
用意したお菓子はまたたく間になくなりまして、つぎ足し継ぎ足しそれでも、
すぐになくなってしまいます。
小さな魔女や妖精やおばけたちはどこからやって来るのだろう、と言うよりも
どこから湧いてくるのだろう、とどまることを知りません。

そもそも、ハロウィンはヨーロッパのお祭りで、日本のお盆に似て先祖の霊が
私たちの世界に戻ってくるの日。
霊が迷わないようにキャンドルに火が点されます。(日本の迎え火みたい)
古くイギリスなどでは、大根をくりぬいてランタンにしたとか・・
そして、死者の霊をなぐさめるため、スパイスやナッツがどっさり入った「ソ
ウルケーキ」と呼ばれる菓子が焼かれたそうです。(日本のおはぎかな?)

それがアメリカに渡り、今のような陽気でおちゃめなお祭りに変貌したもよう。
ランタンも大根からカボチャに、そしてソウルケーキはキャンディーに代わっ
たのでしょうね。

死者たちがこの世にやって来る10月31日は、あの世とこの世の帳が薄くな
るので、いつもこちらの世界にいないおばけや魔女、妖精たちもやってくると
いうわけです。

元町の小さな魔女や妖精たちも大ハリキリ! 様子をご覧ください。
(ワンちゃんも、そして私もちょっとだけ魔女)

b0114344_18441134.jpg
b0114344_18445650.jpg
b0114344_1950579.jpg


# by gt-toyoko | 2007-11-01 18:01 | 最近あったこと
2007年 10月 17日

程良い距離

あまり親しくない人と話をする時の距離は、離れすぎては話が通じにくく、
近すぎても圧迫感があって何となく居心地が悪く、難しいものです。


我が家には犬のアルフレット(ブルドッグ)と猫のムーン(黒、雑種)が私
たち人間と同居してます。

犬も猫も人との距離は近くて心地よさそうなのですが、犬と猫はそうはい
かず、特に猫の犬に対する警戒心は余程のものです。
絶えず猫は犬の足音に気を配り、どこに身を置くか用心深く行動して、あ
る一定の距離をとるようにしています。

一方犬の方は猫と仲良くしたくて、近づきたい。
できればそばにくっついて寝たい。
猫が気持ちよく寝ていると、犬は離れた位置に寝ているふりをし、そ〜っと
前足だけで匍匐(ホフク)前進で距離を縮める。
そのうち猫は異常に気づき目を開けると、あの暑苦しいブル顔が迫ってる。
途端に猫は”ふぁーっ!”と威嚇の声を発する。

思い叶わずブルは悲しいまなざしで姉御の猫を見つめる。
猫はフン!!とばかりに立ち上がり、犬を見据えながらゆっくりと姿を消す。

そんな犬と猫も最近ではいくらかその距離が近くなった気がする。
が、一筋縄でいく猫のムーンではない。
アルフレットとムーンの駆け引きは今後まだまだ続きそうである。
b0114344_1857863.jpg


# by gt-toyoko | 2007-10-17 18:42 | 同居者たち
2007年 10月 04日

茸のピクルス

秋になるといつも、きのこのピクルスを作りたくなり、先日エリンギ、マッシュル
ーム、シイタケ、ブナタケの4種類作りました。
ピクルスはよく作りますが、キノコで作る時はちょっと魔女の気分。
知人から頂いた激辛トウガラシ(緑とオレンジ)を、彩りと風味付けに入れてみと
これがまた魔女っぽい!。フタを開けるとトウガラシの辛い香りが刺激的!!
食欲をそそります。

使ったハーブはエリンギ、マッシュルーム、ブナタケの白っぽいキノコのビンには
ミント、アニス、クローブ、タイム。
そしてシイタケのビンにはタイム、マスタード、ディル。

茸のピクルスは2〜3日ですぐ食べられる上サラダに入れたり、肉や魚のソテーの
ソースに入れると素晴らしく美味しくなるのでいろいろ便利です。

スウェーデンに住む友人は秋、近くの森に出かけて茸狩りをするそうです。
森の香りいっぱいの天然茸はどんなに美味しいでしょうね。
いつの日かキノコの季節に友人を訪ねて一緒に森でキノコを採りたいと思ってます。

丹沢山麓に居を構えた友人の、キノコにまつわるはなし。
秋、週末の昼下がり、山に入る道にゴム長などはいて地元人らしいかっこうで腰を下
ろしていると、キノコ狩りを済ませた都会人が、今採ってきた茸を見せて、食べられ
る茸を教えて欲しいと云うそうです。
彼は「キノコは難しいからな〜」等と言いながら、適当に「これは食べられない、こ
れも食べられな」と旨そうな茸を取り分けて、おすそ分けを頂くとか。

フランス小咄が好きな彼のこと、話を面白くして作った話かも知れませんが、茸狩
りの帰路、このようなおじさんに遭遇しないようご用心!

b0114344_18153350.jpg


# by gt-toyoko | 2007-10-04 18:15 | 料理・食
2007年 10月 03日

彼岸花

「紅い花なら曼珠沙華〜♪」
こんな歌をむかし母が家事をしながら歌っていた記憶があります。

たしか、「オランダ屋敷に雨がふる〜♪・・」と続いたように思います。
異国情緒とともにあでやかな紅い色、曼珠沙華(マンジュシャゲ=ヒガンバナ)の
印象が強く、この花を見ると自然に母のはな歌が口からでてきます。

炎のような形状と妖しいほどに紅い花色、葉が1枚もないという他の花とは異った
特徴は、一度みると忘れられない植物のひとつとなります。
球根には毒性(リコリス)があり、モグラなどが食べて死ぬこともあります。

そういえば、どこか魔的なあやしさをたたえているのは、そんな毒を密かに地の下
に隠し持っているからなのかも知れません。
ただしこの毒は水に何回もさらすとなくなり、飢饉の時の重要な食料として利用さ
れたこともあります。


b0114344_1805844.jpg


# by gt-toyoko | 2007-10-03 18:01 | ハーブ・自然
2007年 09月 19日

第2回「魔女たちの手仕事展」オープニング

9月8日「魔女たちの手仕事展」開催
18時よりオープニング。
もちろん料理は「目玉のサラダ」「ベロベロの唐揚げ」など魔女料理etc・・・

今活躍中の若手作家さんたち、某有名美術館館長さんもおいで下さり感激。
皆さん、お忙しい中足を運んで頂きましてありがとうございました!

b0114344_19301618.jpg


# by gt-toyoko | 2007-09-19 19:31 | 最近あったこと
2007年 08月 16日

魔女たちの手仕事展

去年好評だった「魔女たちの手仕事展」、今年は9月8日〜9月17日
行います。

昨年私は「魔女たちの手仕事展」の企画だけで自分の作品は出品せず、
皆さんに残念がられてしまい、申し訳ないことでした。

今年2回目は私も出品します。
前から作りたいと思っていたホーキを製作しています。

5月にアルバイトで来てくれていた女性が腎盂炎という難しい病に倒れ、
突然来てもらえなくなったので、店をひとりでやりながらの制作。
早朝と閉店後の時間で作っているので、何本出来るか時間との戦いです。

ほうきは、日本でも子供を産む”産屋(うぶや)”の戸口には、邪悪な
ものが侵入しないようにほうきを立てたと云われます。
悪いものを掃きだして清める。
そして、ご存じホーキは魔女の乗り物であります。
ホーキは私の大好きなモノのひとつです。

で、今回ホウキの柄に魔女を付けた作品を作りました。
画廊の方にいらしてご高覧頂ければさいわいです。

第2回目の今回は、前回参加してくださった金属作家の永井佳奈子、
小原聖子、革と布の坂内友美3作家さんに加えて、新しくバッグの
人気作家、冨沢恭子、陶芸の松塚裕子2人の作家さんに参加して頂
き楽しい展示になります。

どうぞ、画廊にいらしてくださ。
お待ちしております。



b0114344_1502893.jpg


# by gt-toyoko | 2007-08-16 15:01 | 魔女のこと
2007年 08月 16日

元町仲通りクリーンデー

元町仲通り(当店がある通り)では毎月第2土曜日を「クリーンデー」と
決め1丁目から5丁目まで清掃している。

開店前の1時間、各店のオーナーたちが水を流しながら、汗も流しながら
デッキブラシでグァッシュ!グァッシュ!と通りや排水溝の清掃を行う。

第2土曜日朝、電話をしてもなかなか出ない時は、清掃をしているから!?
b0114344_14532263.jpg


# by gt-toyoko | 2007-08-16 14:54 | 元町近辺情報
2007年 08月 11日

ワンちゃんもアロマテラピー

我が家にはオスのブルドッグ(5才)が5年前から同居している。
子供の頃はまるでマシュマロのように可愛かったブルも5年もたつと
ただでもブーたれた顔が悲哀のこもったオッさん顔になってくる。

頑丈そうなその外見とは裏腹に実にデリケートな犬種で、目、耳、特に皮膚が弱く
皮膚病にはずっと悩まされてきた。特に夏場がいけない。

ペットショップお勧めのシャンプーなど色々試してみたが、一度なったら悪くなるばかりで長年悩みの種だった。
ある時、ダメもとでエッセンシャルオイルを使ってみることを思い立ち、殺菌力バツグンのティートゥリーオイルを水で薄めてタオルをひたし、そのタオルをきつく
絞って犬の身体、耳から顔のヒダの間(ここがクサイ!)、あご、足、お腹、お尻、
全身を拭いた。
ティートゥリーオイルはご存知のようにかなりきつい香りで嫌がると思いきや、口の中、歯を拭く時などウットリしているではないか。

1ヶ月も経つとぶつぶつは引いてあちこちの円形脱毛部分に毛も生えてきて、きれいな身体に戻った。恐るべし!オイルの力!

以来、特別シャンプーも使用せず美しい肌を保っている。
ティートゥリーオイルは凄い!!
b0114344_18301097.jpg


# by gt-toyoko | 2007-08-11 18:31 | アロマテラピー
2007年 08月 09日

電柱

お気づきでしょうか。
当店(元町)の前にある深緑色の電柱が、かるいS字形に曲がっているのを。
(深緑色の電柱!?・・この色自体も不思議なのに、それが曲がっているって?)

うわさによれば、当店の看板にもなっている我が魔女がホウキで夜中飛びまわって
電柱に激突、それで電柱が曲がったとか・・まさか!?

ご来店の折りに是非見あげて確かめててみてください。
b0114344_14542479.jpg


# by gt-toyoko | 2007-08-09 14:54 | 元町近辺情報