魔女通信

majoneko.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 22日

もうひとつの聖木

クリスマスの聖木といえば、すぐ思い浮かぶのはモミの木ではないでしょうか。
ヤドリギもまたクリスマスに飾られる木であります。
クリスマスのヤドリギの下では誰しもキスをすることが許されるとか。

ヨーロッパでは、魔除け、万病薬、火事避け、黄金のありかを教え、願い事をか
なえるなど、この木の霊力は近代まで言い伝えられ、信じられてきました。
というのも、その特異な生い立ちによると思われます。
ヤドリギは半寄生植物なので、土や水に直接ふれることなく宿主の木に宙に浮い
た形で生育し、しかも冬にも枯れないと云う不思議な生命力から、古代ヨーロッ
パ各地で特別な木として神聖視されてきたのです。

日本でも冬、葉の落ちた林を歩いていると、まるで鳥の巣のように木の枝叉に緑
葉のヤドリギを見ることがあります。
一昨年魔女祭りでドイツを訪れた時は、若葉が芽吹いたばかりの裸の木に大きな
ヤドリギの塊をいくつも見ることが出来ました。
歩いていても、ドライブの車窓からも、列車からも沢山のヤドリギを見るにつけ、
一種独特の様子は異国の文化ながら、崇拝の対象にした古人の心境を理解できた
気がしたものです。

ヤドリギの真珠のような実は、北欧神話では、光と善と木の神であるバルデルの
死を悼んだ悲しみの涙とされています。
ちょうど今ごろ実を付けるので、鳥にとっては冬の貴重な食料。
しかしながら人間には有毒だとか。         

私がヤドリギを初めて知ったのは、テキスタイルデザインの仕事をしていた頃、
アールヌーボの資料の中にこの植物を見つけた時です。
何とも不思議な形に目をみはりました。
図案化されたとばかりと思っていた流動的な葉も枝も、実際見るとそのままの植
物でした。それ以来神秘的で美しいこの植物に魅せられています。

b0114344_19472874.jpg


# by gt-toyoko | 2007-12-22 19:49 | ハーブ・自然
2007年 12月 14日

ナツメ

先日お客様からナツメの実を頂きました。
ご実家の別荘で沢山採れるそうです。

3㎝ほどの赤い実はとてもきれいです。
かじるとサクッとした食感、リンゴに似た香りが爽やかです。

ナツメはクロウメモドキ科、名前の由来は夏に芽を出すことからと一説。
韓国のサンゲタンに入れる事で知られ、利尿、咳止め、精神安定、不眠症、
健胃、鎮静、強壮と薬効は幅広い。

こんなに身体に良いのだから、さて、何を作ろうか・・
色々考えながらも、クリスマス展の作品作りに追われる毎日、とりあえずお
日様の力を借り、干したあと保存することにして。

クリスマス展の作品搬入が済んだので、気になっていた半乾燥のナツメにと
りかかります。
種を取って、水少々と砂糖・ハチミツで煮ること約1時間。
食べてみると、おいしいけれど皮が硬くて気になる。
裏ごしして柔らかい部分だけを使ったらどうかしら・・

裏ごししたら硬い皮がなくなったのは良いけれど、今度は色が茶色っぽく、
きれいではないし、食べてみると何か物足りない。
では、りんごのコンポートを作り混ぜてみたら・・
なかなか良いではないですか!
ヨーグルトのトッピングにしたら、素敵なデザートとなりました。
ありがとうございました!
b0114344_15151550.jpgb0114344_17104495.jpg
b0114344_19532083.jpg


# by gt-toyoko | 2007-12-14 15:16 | 料理・食
2007年 12月 05日

今日からです

金属や陶器、テキスタイルなどさまざまなジャンルで活躍中の作家17人
によるクリスマス展「37の贈り物展」がいよいよ今日から始まりました。

岡本太郎賞入選や、特別賞受賞の現代アートの作家さんにまじって私も及ば
ずながら出品しております。
17人もの個性豊かな作品がどのような空間を作るのか、いくらか不安でも
ありましたが、とても楽しい素晴らしい展示になっています。

今回はクリスマス展なので、私は魔女ではなく天使を作ってみました。
新ウェーブ、ゴスの天使など、変わり種のエンジェルもいます。
魔女も天使も同じ天空をかけるもの。自由に羽ばたく気持ちは同じ・・


展覧会場は「魔女たちの手仕事展」と同じ牙狼画廊です。
グリーンサムの店から4分足らずのところです。
今月24日まで展示してますので是非ご覧になってください。
アクセスはこちらへ↓↓
        www.garougarou.com
b0114344_18133035.jpg
b0114344_18195925.jpg
b0114344_18204343.jpg


# by gt-toyoko | 2007-12-05 18:21 | 元町近辺情報
2007年 12月 05日

秋の贈り物

寒くなってきました。
道を歩くのも無意識に、つい日向を選んでいるのに気づきます。
木の葉もきれいに色づいて秋の深まりを感じます。

ご自宅の庭で集めて「秋」を素敵なパッケイジで届けてくれた友人がいます。
自然が作ったこんなきれいな色、いろいろ・・・。

深いワインレッドに葉脈だけが芥子色のしましま。これはミズキの葉。
夕日のように赤いカラスウリ。
放射状に球になった金茶の喜樹の実。
こっくり濃いワインレッドから真紅まで、ツタの落ち葉がつくる赤いグラデーション。
アラビアンナイトの剣形はユーカリの葉。こちらは渋いさび色。
そして、サクラやカキの落ち葉も混ざって赤い色を引き立てているのは、淡い黄緑色のホップ。軽やかにツルをのばして・・

彼女の感性と優しさがいっぱいつまった秋の贈り物。

b0114344_13595729.jpg
b0114344_1402524.jpg


# by gt-toyoko | 2007-12-05 13:57 | 友人
2007年 11月 17日

ブタもおだてりゃ・・犬版

何かをして、それが思いのほかウケたりすると、ついまた同じ事をやってしまうのは
お調子者の常。業と云ってもよい。
それが、人の場合だけでなく動物にも当てはまることが最近分かった。

ブログでも度々登場する我が愛犬アルフレットの場合。
彼は無類のボール好きである。
近くの公園で彼は毎朝ボールを探す。(過去に数回収穫経験あり)
先日、グローブと一緒に新品のボールがベンチに置いてあったそうだ。
(そうだと云うことはつまり、私は見ていない。)
夫が云うには、子供が取りに戻ってくるかも知れないので、そのボールを滑り台の上
に置いた。
はじめは上を向いて吠えていた彼、その内、滑り台のハシゴをのぼり始めたという。
上までのぼり、ボールをくわえたが、はてどうしよう。
滑り台をそのまま滑るより仕方ないと判断したのか、こわごわ滑って無事着地したと。

それを見ていたいつも散歩で集まるおばあさんたちは大喜び、彼に拍手喝采したという。
以来お調子犬の我がアルフレットは滑り台を滑る「滑り台犬」に変身。

朝の苦手な私も6時に起床、写真を撮ってきました。


b0114344_1956945.jpg
b0114344_19565588.jpg


# by gt-toyoko | 2007-11-17 19:57 | 同居者たち
2007年 11月 11日

元町産限定無農薬レモン

秋も深まってコートが嬉しい季節になりました。
ついこの間まで青かった柿や木の実が色づいて秋の深まり
を感じます。

当店の丁度向かいにあるブッティック「マーレー」さん。
両脇にレモンの鉢が一対あります。
夏には薄ピンクの花が良い香りを漂わせます。
毎朝葉を一枚一枚丁寧に拭いてオーナーは手入れを欠かし
ません。
「こんなに花を咲かせても、実を結ぶのは数個なの・・」
そう仰るオーナー。

先日、やっと実ったレモンを2個、ピカピカ輝くきれいな
緑色の葉と一緒に持ってきてくださいました。
宝物のようなレモンです。

さっそくマリネを作りました。
香りがいいこと!
無農薬なので皮まで食べられて、その皮もおいしい!!

さりげなく品の良いマーレーさんの服はファンが多く、
オーナーの服を選ぶセンスの良さと人柄が人を惹きつける
のだと思います。

b0114344_18331683.jpg
b0114344_18335113.jpg
b0114344_18342110.jpg


# by gt-toyoko | 2007-11-11 18:35 | 元町近辺情報
2007年 11月 01日

ハロウィン

ハイ、10月31日はハロウィンです。
ここ元町でも数年前から始まってますが、年々参加する子供たち(若干大人も)
その数はます一方。

いや〜、昨日もすごかったですよ。
用意したお菓子はまたたく間になくなりまして、つぎ足し継ぎ足しそれでも、
すぐになくなってしまいます。
小さな魔女や妖精やおばけたちはどこからやって来るのだろう、と言うよりも
どこから湧いてくるのだろう、とどまることを知りません。

そもそも、ハロウィンはヨーロッパのお祭りで、日本のお盆に似て先祖の霊が
私たちの世界に戻ってくるの日。
霊が迷わないようにキャンドルに火が点されます。(日本の迎え火みたい)
古くイギリスなどでは、大根をくりぬいてランタンにしたとか・・
そして、死者の霊をなぐさめるため、スパイスやナッツがどっさり入った「ソ
ウルケーキ」と呼ばれる菓子が焼かれたそうです。(日本のおはぎかな?)

それがアメリカに渡り、今のような陽気でおちゃめなお祭りに変貌したもよう。
ランタンも大根からカボチャに、そしてソウルケーキはキャンディーに代わっ
たのでしょうね。

死者たちがこの世にやって来る10月31日は、あの世とこの世の帳が薄くな
るので、いつもこちらの世界にいないおばけや魔女、妖精たちもやってくると
いうわけです。

元町の小さな魔女や妖精たちも大ハリキリ! 様子をご覧ください。
(ワンちゃんも、そして私もちょっとだけ魔女)

b0114344_18441134.jpg
b0114344_18445650.jpg
b0114344_1950579.jpg


# by gt-toyoko | 2007-11-01 18:01 | 最近あったこと
2007年 10月 17日

程良い距離

あまり親しくない人と話をする時の距離は、離れすぎては話が通じにくく、
近すぎても圧迫感があって何となく居心地が悪く、難しいものです。


我が家には犬のアルフレット(ブルドッグ)と猫のムーン(黒、雑種)が私
たち人間と同居してます。

犬も猫も人との距離は近くて心地よさそうなのですが、犬と猫はそうはい
かず、特に猫の犬に対する警戒心は余程のものです。
絶えず猫は犬の足音に気を配り、どこに身を置くか用心深く行動して、あ
る一定の距離をとるようにしています。

一方犬の方は猫と仲良くしたくて、近づきたい。
できればそばにくっついて寝たい。
猫が気持ちよく寝ていると、犬は離れた位置に寝ているふりをし、そ〜っと
前足だけで匍匐(ホフク)前進で距離を縮める。
そのうち猫は異常に気づき目を開けると、あの暑苦しいブル顔が迫ってる。
途端に猫は”ふぁーっ!”と威嚇の声を発する。

思い叶わずブルは悲しいまなざしで姉御の猫を見つめる。
猫はフン!!とばかりに立ち上がり、犬を見据えながらゆっくりと姿を消す。

そんな犬と猫も最近ではいくらかその距離が近くなった気がする。
が、一筋縄でいく猫のムーンではない。
アルフレットとムーンの駆け引きは今後まだまだ続きそうである。
b0114344_1857863.jpg


# by gt-toyoko | 2007-10-17 18:42 | 同居者たち
2007年 10月 04日

茸のピクルス

秋になるといつも、きのこのピクルスを作りたくなり、先日エリンギ、マッシュル
ーム、シイタケ、ブナタケの4種類作りました。
ピクルスはよく作りますが、キノコで作る時はちょっと魔女の気分。
知人から頂いた激辛トウガラシ(緑とオレンジ)を、彩りと風味付けに入れてみと
これがまた魔女っぽい!。フタを開けるとトウガラシの辛い香りが刺激的!!
食欲をそそります。

使ったハーブはエリンギ、マッシュルーム、ブナタケの白っぽいキノコのビンには
ミント、アニス、クローブ、タイム。
そしてシイタケのビンにはタイム、マスタード、ディル。

茸のピクルスは2〜3日ですぐ食べられる上サラダに入れたり、肉や魚のソテーの
ソースに入れると素晴らしく美味しくなるのでいろいろ便利です。

スウェーデンに住む友人は秋、近くの森に出かけて茸狩りをするそうです。
森の香りいっぱいの天然茸はどんなに美味しいでしょうね。
いつの日かキノコの季節に友人を訪ねて一緒に森でキノコを採りたいと思ってます。

丹沢山麓に居を構えた友人の、キノコにまつわるはなし。
秋、週末の昼下がり、山に入る道にゴム長などはいて地元人らしいかっこうで腰を下
ろしていると、キノコ狩りを済ませた都会人が、今採ってきた茸を見せて、食べられ
る茸を教えて欲しいと云うそうです。
彼は「キノコは難しいからな〜」等と言いながら、適当に「これは食べられない、こ
れも食べられな」と旨そうな茸を取り分けて、おすそ分けを頂くとか。

フランス小咄が好きな彼のこと、話を面白くして作った話かも知れませんが、茸狩
りの帰路、このようなおじさんに遭遇しないようご用心!

b0114344_18153350.jpg


# by gt-toyoko | 2007-10-04 18:15 | 料理・食
2007年 10月 03日

彼岸花

「紅い花なら曼珠沙華〜♪」
こんな歌をむかし母が家事をしながら歌っていた記憶があります。

たしか、「オランダ屋敷に雨がふる〜♪・・」と続いたように思います。
異国情緒とともにあでやかな紅い色、曼珠沙華(マンジュシャゲ=ヒガンバナ)の
印象が強く、この花を見ると自然に母のはな歌が口からでてきます。

炎のような形状と妖しいほどに紅い花色、葉が1枚もないという他の花とは異った
特徴は、一度みると忘れられない植物のひとつとなります。
球根には毒性(リコリス)があり、モグラなどが食べて死ぬこともあります。

そういえば、どこか魔的なあやしさをたたえているのは、そんな毒を密かに地の下
に隠し持っているからなのかも知れません。
ただしこの毒は水に何回もさらすとなくなり、飢饉の時の重要な食料として利用さ
れたこともあります。


b0114344_1805844.jpg


# by gt-toyoko | 2007-10-03 18:01 | ハーブ・自然