魔女通信

majoneko.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 06月 13日

神奈川新聞掲載

6月11日の神奈川新聞、ハーブ特集に当店が掲載されました。
神奈川県のハーブガーデンやカフェや園芸、料理教室、リース作りなどいろいろな
楽しみ方が満載です。カラーの写真入りで楽しい紙面です。
当店も30年以上になりますが、すっかりハーブが定着して、楽しむ方たちが多くなり、
大変嬉しく思います。
折にふれ、ハーブはさまざまな喜びを私たちに与えてくれます。
料理にクラフトに、染色に...今の時期は花が一斉に咲いてきれいです。
花は可憐で香りも良いので,葉だけではなく料理やお茶に使ってこの時期楽しむのも
良いですね。
b0114344_18234966.jpg


# by gt-toyoko | 2016-06-13 18:24 | インフォメーション
2016年 05月 29日

ハーブの花が咲きました

急に暑くなって、夏日が続いています。
ハーブたちもスクスク育って、お料理にお茶に早く使わなければと思いつつ、
あまり使わないうちに、花が咲いてしまいました。花を咲かせてしまうと香りが
薄くなるので、なるべく花穂は摘むようにするのですが、時間がなかったり季
節の進みが早かったりすると、一気に花が開きます。
ハーブの花はどれも可憐でやさしくて大好きなので、それはそれで嬉しいの
です。ピンクのチャイブと黄色いパラソルのようなディルの花です。
b0114344_18454776.jpg

b0114344_18461124.jpg


# by gt-toyoko | 2016-05-29 18:46 | ハーブ・自然
2016年 04月 07日

特別注文「還暦魔女」

お客様のご依頼で還暦のお祝いに、特別注文で魔女人形を作らせて頂きました。
還暦ですからやはり「赤」がポイントです。
綺麗な赤いマント。それに合わせてヘンルーダやクローブ、シナモンなど魔除けのハーブを
入れた赤いポシェットを持たせ、よりエレガントに黒のビーズを付けてみました。
帽子は黒で、黒いチュールをふんだんに使いボリュームを付けて。
なるべくご依頼主の雰囲気とご希望に沿うように心がけ、私自身とても楽しんで作らせて頂きました。
お客様が素敵な笑顔で受け取って下さったので、ほっとしまた。
b0114344_17292185.jpg

b0114344_1730238.jpg


# by gt-toyoko | 2016-04-07 17:22 | 魔女のこと
2016年 04月 07日

帽子作り教室

朝日カルチャーセンターで魔女と魔女に関するもの作り教室をさせて頂いてます。
3月は「魔女の帽子作り」をしました。
帽子といっても実際かぶるのではなくオブジェとして飾るものです。
リボンや羽根、チュールでエレガントに華やかに。
さらに魔女らしく魔除けのハーブも付けて、魔除けのインテリアとして飾ります。
毎回そうですが、参加者の方たちは皆さんとても真剣に、そして楽しく作って帰えられます。
最後には作品の帽子を頭に乗せて記念撮影。笑顔が素敵です!
b0114344_17353258.jpg
b0114344_17351126.jpg
b0114344_17344117.jpg


# by gt-toyoko | 2016-04-07 16:56 | 最近あったこと
2016年 04月 03日

元町の桜

今年も桜が咲きました。
元町は元町公園はじめ桜の名所で、名木と言われる桜がいくつかあります。
教会と桜、神社と桜など、横浜ならではのシチュエーションで桜を楽しめます。
その中の一つで当店からはすぐ、百段公園の桜はエンタシスの柱と大きく枝を
ひろげた桜の木のバランスのよさ、そして眼下にはランドマークタワーが見える
ロケーションも嬉しい眺めです。
あまり知られていないのが何よりの利点。
元町にいらしたら是非立ち寄ってみてください。
b0114344_16414522.jpg


# by gt-toyoko | 2016-04-03 16:42 | 最近あったこと
2016年 03月 31日

小田原フラワーガーデン

翡翠カズラ
先日ある人に誘われて小田原のフラワーガーデンへ行ってきました。
梅林と薔薇が有名なのですが、梅はほぼ終わり、薔薇の開花にはまだ早く、
なんとタイミングが悪いことと思いきや、たいへん珍しい植物に会えました。
フラワーガーデンの温室の中、特別しつらえの円形石組みの一段高い作り
に、なにやら怪しい花の房がたくさん垂れ下がっています。
黒ずんだ青色の大きな爪のような形の房。
さながら「魔女の爪」といった風情です。
名前は「翡翠カズラ」
石組みの作りは筒状で、中に入ると房がたくさん下がって、翡翠カズラの大
きく成長した花の見事なこと。外で見た、蕾の黒ずんだ青色とは想像もつか
ない目も覚めるような深くて美しい青色で、澄んだ透明な水の色とでも表現
したらいいのでしょうか。
初めて見る花の色に少しドギマギ、心を惑わされます。
一度見に行ってみてください。
4月ごろまで見頃です。
b0114344_16365044.jpg

b0114344_16371881.jpg


# by gt-toyoko | 2016-03-31 18:57 | ハーブ・自然
2016年 01月 04日

2016年

    あけましておめでとうございます。

    穏やかで暖かいお正月です。
   元気で楽しい魔女の一年にしたいと思います。
   そして、世界が平和でありますように。

    今年もよろしくお願い申し上げます。

b0114344_15193025.jpg

# by gt-toyoko | 2016-01-04 18:42
2016年 01月 04日

30周年記念商品 3

魔女のブローチ
10年前の20周年記念に製作した銀製「魔女の指輪」は好評で、30周年には銀製魔女
ブローチを作りたいと思っていました。
アクセサリーということを重視すると、どの服にもつけられる形と大きさが必須です。
丸型、それも機械でカットしたような真円ではなく、手作り感のあるガタつきある大
きめの円がいい。そのなかに三日月と星が輝く大空に、箒に跨って飛翔する魔女と猫、
足もとは風が渦巻いて力強さと動きがあるもの…そんなイメージのデザイン画を描いて
銀工房に渡しました。
工房から最初に出来てきた型は、凹凸が激しく顔も妙に誇張されて、月も猫も小さく縮
じまり、私が意図した雰囲気とはあまりにも違います。
もう一度、型を起こしてデザイン画に忠実に仕立てるよう依頼しました。
画を渡しているのにこのようなことになるのは、おそらくは魔女に対するイメージの違
いが原因と思います。
魔女はおどろおどろしく、不気味な存在だと思い込んでいる人の手にかかると、画がそう
でなくても、そのように作ってしまうようです。
よく話し合って理解してもらい、次に出来てきた型はイメージ通り、楽しそうに空を飛ぶ
魔女と猫、大人の遊び心を満足させる逸品に仕上がりました。
ファッションとして身につけて、身を守ってくれる魔女のアクセサリーは大人気でお陰様
でとても好評です。
ブローチとしてだけではなく、紐やチェーンをつけてペンダントとしても使える仕様にな
ってます。
b0114344_1525092.jpg


# by gt-toyoko | 2016-01-04 16:42
2016年 01月 04日

30周年記念商品 2

クローブ魔女人形
30周年記念商品の第二弾として作ったキッチンウィッチ。
ミニ魔女同様、これまでとはちょっと違ったテイストで。
ポップな感じの、衣装は水玉柄、ピンク系と黒系の2種類を作りました。
幸せをガッシリと掴める大きな手、目はパッと見開いて、全てを見逃さない、
闇の向こうまで見通す大きな瞳。帽子には魔除けのクローブをつけて、花の箒
で飛んでいます。
愛らしく、やさしく、力強い魔女です。
30年間グリーンサムを支えてくださった皆様への感謝の気持ちで作りました。
ピンクの魔女は珍しいので、当初はピンク系が圧倒的に売れましたが、その後
黒系が追い上げて、現在は半々の人気です。
b0114344_15273629.jpg


# by gt-toyoko | 2016-01-04 11:38
2016年 01月 04日

30周年記念商品

ミニ魔女
以前から小ぶりの魔女人形を、というご希望にこたえて作った魔女です。
吊すことも、置くこともできるデザインで、30周年ということもあって、今までと違う
テイストを心掛けました。コンセプトは「小憎らしくて愛らしい」。
スケッチ画の段階では良かったのですがね、作り始めたらいろいろ手間がかかり、30体
限定となってしまいましたが、あっという間に完売。
今では"幻のミニ魔女"となってしまいました。
申し訳ありません。
b0114344_1529167.jpg


# by gt-toyoko | 2016-01-04 11:29